近頃は、環境に優しいということで、ledの電球を使用する人が増えているようです。


私も、自分で行える範囲で環境のために取り組んでみたいと思い、トイレの電気をledに変えてみました。

なぜ、他の部屋ではなくトイレの電球をledに変えたのかというと、私はトイレの電気を消し忘れてしまうという癖があるからです。一人暮らしで、あまり家にいることはないのですが、電気を消し忘れて、仕事に行っている間や外出中、ずっとつけっぱなしになっていたということは、数えきれないほどあります。

エネルギーの無駄遣いでもありますし、環境にもよくありません。




なので、電気代を軽減させるという意味でも、ledの電球に変えてみました。

しっかりとした太陽光発電の研修に関してお困りですか。

ledに変えてからは、電球に注意を払うようになったためか、電気を消し忘れることがなくなりました。


また、万が一消し忘れたとしても、省エネなので、エネルギーの無駄遣いを最小限に防ぐことができます。

環境のために良い事を行っているという気持にもなれ、気分も良いです。他の部屋の電球も、すべて交換したいなとは思っていますが、なかなか大変な作業なので、徐々に行っていこうと考えています。

今のところ、電気代に大きな変化はみられていませんが、全部の部屋を替えると、電気代でも違いを見ることができるのではないかと思っています。これからも、色々な面において、自分なりにできる環境に優しいことを実践していきたいと考えています。

電子部品の中にチップ部品と言うものがあります。
チップ部品の特徴は、通常の電子部品のような部品の足となるリード線が無く、プリント基板にチップ部品の電極となるものを直接半田付けを行うものです。



チップ部品は小さい電子部品であり、サイズが小さい事で狭い場所にも回路を作れるというメリットがあります。
従来のチップ部品と言うものには、抵抗、コンデンサ、IC、トランジスター、そしてダイオードなどが主流ではありましたが、技術力のおかげもあり、様々な電子部品がチップ部品となり実用化されています。



その中でも発光ダイオードと言うチップ部品は、小さいスペースの中に複数の色を発色させるタイプもあります。発光ダイオードと言うのは一般的にLEDと呼ばれる電子部品で、2つの電極を持つ半導体です。

LEDにはアノード電極とカソード電極の2つを持ち、2つの電極に電位差を生じさせる事で発光する電子部品です。

通常、LEDを発光させるためには、アノード電極にプラスの電圧を印加し、カソード電極にはマイナスの電圧を印加させることで発光します。

LEDには色々な色がありますが、古くからあるような色もあれば、最近開発された青色LEDなどもあります。


電子部品としてのLEDでは、2つの電極を間違えて接続してしまうと壊れてしまいます。

これは極性というものがあるからであり、その極性というものがアノード電極とカソード電極になるのです。

チップ型の発光ダイオードでは、電極となる部分にプラスのマークが付けられていたり、発光ダイオードの記号がとても小さい形で描かれているので、それを見ればどちらがアノード電極であるのかが解るようになっています。



一方、普通のリード線が付いているような発光ダイオードでは、マークと言うものが付いていません。

この場合は、足の長さが長い方がアノード電極で、短い方がカソード電極となりますが、足の長さを同じにしてしまった場合は、電極の形状を見てそれぞれの電極を調べる必要があるのです。

http://www.asahi.com/articles/DA3S12334209.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6497858.html
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%AD%A6%E9%99%A2